ラーメン「亭亭」 西田辺

DSC00327

西田辺駅近くに昔からあるラーメン屋「亭亭」。
昭和町に住んでいた頃は「あそこにラーメン屋があるな」程度に見ていたのだが、西田辺に越してきてその存在はより近くになったのがだが今まで来ることは無かった。

特に魅力が無かったわけではないが、単に縁がなかった、ということだろう。
しかし今回初めて行って今まで食べに来てなかったことを激しく後悔した。
昭和町・西田辺近辺にラーメン屋は多い。激戦区と言っても過言ではないだろう。そんな激戦区の中を長年店を続けていけてる、というだけで固定客がたくさんいるのは間違いない。

上の写真が入り口である。
店構えは中々古風な木造の外装で、中に入ってもそのポリシーは変わらず、太い木の柱などがあって「ラーメン屋」というより最近のカフェという感じはあるが、いやそこはラーメン屋である、それ以外のところは無骨そのものであった(ごめんちゃい w)。

店の近くに自転車を止めるとすでにプーンとした豚骨を煮ている匂いが漂ってくる。人によってはこの匂いが嫌いという人もいるかも知れないが僕自身は美味いラーメンの予兆という感じで決して嫌いではない(大好きでも無いが w)。

DSC00323

メニューを見るとトップに「亭亭ラーメン」とある。
もちろんこのメニューがこの店の「ウリ」なのだろう。迷わず「亭亭ラーメン」をお願いする。

5分ほど待ったら「はい、お待ち!」とラーメンがやってきた。

もちろん豚骨ラーメンである。

ぱっと見た目、大阪でのオーソドックスな豚骨ラーメンである(博多の豚骨ラーメンとは違うのよね)。

まずは麺をすくい上げて一口啜る。

濃い目でしっかり味のついたスープはとってもまろやかでかなり美味しい。
麺はちょっと太目でストレートな卵麺かな?これまたスープとの相性はバッチリで、このスープの濃さならこれぐらい太い麺がピッタリだと思いました。

そして特筆すべきはこのチャーシューです!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
DSC00326

分厚く切られたチャーシューが3切れほど載っていましたが、最も僕が好きなタイプで、脂身の部分が多く、トロトロでグチュグチュ(笑)。でも身の部分はしっかりしていて味もちゃんと付いているんですよね。
たぶんチャーシュー麺とかにしたらしつこいかも知れませんが、普通のラーメンなら僕にとっては最強のチャーシューだと思いますね!!

この店はまた嫁を連れて行きたい店ですね!
今回は麺の撮影を失敗してしまったのですが(前もやん w)、そのリベンジにまた行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA