六甲縦走

IMG_6631.-1jpg

実際の「六甲全山縦走大会」とは違うものの約半分の道のり(距離的には3/2ぐらいある)である新神戸から宝塚まで歩くという会に参加した。歩く人は全員で200人ぐらいだったろうか、、見たところさほど屈強な人たちではなく、むしろ「こんな人が35kmも歩けんのん?」という様な人が多かった。

しかしいざ歩き始めると新神戸から摩耶山までは結構キツイのだがみんな黙々と足を進めてあまり脱落するような人がいなかったのには驚く。特に天狗道は登っては降り、降りては登りの連続で道もそんなに良くないのだが、ミイラの様なじいちゃんもヒョイヒョイとそんな悪路を乗り越えていき、「やっぱ日頃から登ってるおじいはスゴいわ、、」と感心せずにはおれなかった。

ゴールの宝塚駅には夕方5時までに着かなければならない。

なので途中で時間をチェックしつつ最後の方はスピードをあげて行ったので「あぁこの時間やったら十分間に合うなぁ、、」と、もうすぐ塩尾(えんぺい)寺というあたりで余裕をこいてコーヒータイムにした。その後、待っていたのが鬼のような坂道で(噂では聞いていたが)、ヒーヒー言いながらその坂道を降りてやっとのことで最終ポイントにたどり着いたのが4時45分。

なに途中で余裕こいてんねん、って話やわな(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA