映画「しあわせのかおり」を観た

e0206906_23531317

金沢の港町にある中華料理店「小上海飯店」。
そこには地元にしっかりと根づいた、とってもとっても美味しい料理を出してくれるお店。

その店の人気料理である「シュウマイ」目玉にしてデパートに商品を出展させようと画策すべく店に派遣されたのが母子家庭で一生懸命子どもを育てている中谷美紀演じる山下貴子。

オーナーであり料理人でもある藤竜也演じる王(ワン)さんは最初、自分の料理も食べたないで出店の営業を勧めてくる貴子をけんもほろろに追い返す。そんな貴子が王さんの料理を食べ、その魅力、美味しさに惹かれていく姿に王さんも

「次は何をこの人に食べさそうかなぁ」

と思い始めてくる。
そして物語は大きな岐路を迎える。
料理場に立つことになった貴子、後ろで自分の技を懇切丁寧に教えこむ王さん。
その見た目にも美しい料理は物語と共に観るものの心を釘付けにして一瞬の一瞬にときめきを与えてくれるのであった。

この映画の見どころはやはり中谷美紀である。
テレビ「仁」でも見せつけられたが、彼女の人の視線を釘付けにするような渾身の演技はこの映画でもその威力を遺憾なく発揮してくれた。ちょっとAMAZONの口コミでは点数がイマイチなのであるが、中谷美紀が出る、というだけで思わず高得点あげたくなるぐらい、やっぱりスゴい人だなぁ、、と感心しきり。

あ、それと、映画の途中、FBのお友達である翁さんを発見したぞ!!

「しあわせのかおり」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA