屯鶴峯(どんずるぼう)

PC060114-4

ずっと行きたかった屯鶴峯に行ってきた。
目的は屯鶴峯だけでは無かったのだが、ダイヤモンドトレイルの起点(最終地点)が屯鶴峯だということなので、近鉄二上山駅で降りててくてく歩いて行った。

まぁでも屯鶴峯までは結構遠かったし、途中までは標識があったのだが、道の分かれ目(ジャンクションみたいになっているところ)では、さてどっちに行って良いのか迷ったが、そこはGoogle Mapのおかげで大きく狂うことはなくここまで辿りつけた。

これは思いもよらなかったことであるが(普通は気づくやろうけど、)木々は紅葉の真っ最中であった。僕はもうすっかり終わってるものと思ってカメラもOLYMPUS PENしか持って行ってなかったのだが、やはりちゃんとした一眼を持って行くべき、、、と改めて思った。

この屯鶴峯の景観と紅葉を広角で撮ったらどんなに良かっただろう、、、

さてこの屯鶴峯、どうしてこんな景観が出来たかというと

二上山の火山活動により火山岩屑が沈積し、その後の隆起によって凝灰岩が露出し、1500万年間の風化・浸食を経て奇岩群となった標高約150mの岩山。サヌカイトやザクロ石閃緑岩などの岩石が産出する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%AF%E9%B6%B4%E5%B3%AF

二上山の影響だったんですね。

ちなみに向こうに見える人のようなものは人です。
あそこに行くには遠くに見えるんだけど、案外近くてこの写真を撮った所からたぶん10分以内で行けたかと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA