フクロツルタケ(シロウロコツルタケ)

フクロツルタケ

ツルタケの仲間なのでツバは「無い」。
特徴は傘の表面にツボの破片が付着している。
また根本に大形膜質のツボがある(これが最大の特徴ですな)。

しかしこの写真だけ見ていたら、テングタケの仲間のどれなんだろう、、と悩むと思うな~

「フクロツルタケの幼菌」
フクロツルタケ

たぶんこの幼菌のほうがフクロツルタケらしさが出ていますよね。

・傘の上部にツボの欠片がくっきりと残っている
・ツボが固くて頑丈

『似ているきのこ』

■コタマゴテングタケ
ツバがあることで違いがわかる。
http://toolate.s7.coreserver.jp/kinoko/fungi/amanita_citrina_var_citrina/index.htm

■シロテングタケ
ツバは早落性なのであってもわからないかも、、、
こうなったらツボで判断するしか無い。
http://toolate.s7.coreserver.jp/kinoko/fungi/amanita_neoovoidea/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA