マツオウジの幼菌(菌露付き)

DSC_0102-2

松の木の切り株などからよく出ているキノコ。
確か以前、奈良キノコの会に参加した時には「切られてからしばらく何年かは出てくるが、それ以上になったら出てこない」と聞いたことがある。
しかし、少なくとも神戸で見るマツオウジはかなり古い切り株から出ており、とても「何年」と言うレベルじゃないと思うのだが・・・。

このマツオウジはまだ幼菌で、大人になると傘の大きさが20cmぐらいになるものもあるが、ずっと乾燥続きなのでこいつが大きくなるか、、の保証はない。
ちなみに頭から出ている液体のようなものは「分解水」と言ってキノコが木を分解していく時に出てくる「水」らしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA