ホームスティ(伏見稲荷のキツネ)

DSC_0290-1

モザンビークのセルジオに「この神社の神様はキツネなんだよ」と説明した。すると彼は怪訝な顔をした。僕はたぶん「神社」というものが分からないのかもしれないと思った。なので日本には『神道』という宗教があって、その宗教の教会みたいなものが「神社」であること、そして神道には神様は沢山いることなどを説明した。では「何故キツネが神様なのだ?」と質問されたらその答えはアイドントノーであった。

かくも不思議な宗教である日本神道、、、日本に住んでいても案外知らないことがたくさんあるんだよなぁ~~

なので調べてみた。

するとキツネは農業の神様である稲荷神の使いであること。またネズミなどのお米に大敵なものを捕食する米作にとってはありがたい存在であることにより「使い」になったのではないか、と言われているらしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA